FC2ブログ

続イギリスで始めたこと

2001年からイギリスに住んでいます。 人生何があるかわかりません。思いもしなかった異国暮らし。 日々の生活の中で思うこと、発見したこと、出来事などを書いています。

鱒そぼろ

ちゃんちゃん焼きにしようと鮭を買ってきたつもりだった。
私にはイカを買ってきた。
調理する直前に鮭ではなく鱒だと気が付いた。
私なら食べられるのだが食わず嫌いに夫に鱒と言っただけで
絶対に食べられないと言い出したので急遽メニューを変えた。

さてどうしたものか。
私一人でイカも鱒も一度に食べられない。
とりあえず冷蔵庫に鱒を戻した。

翌日アイディアがひらめいた。

IMG_20190823_190929463.jpg

鮭そぼろもどき、鱒そぼろ。
これで捨てずに済んだ。

スポンサーサイト



新しいテレビ

先週新装開店したLidlのチラシが入った。
32型のスマートテレビが129ポンドで40ポンドの値引きだ。
何より惹かれたのはシャープ製。
日本のメーカーだ。
考えてみれば過去2台のテレビは突然壊れて
その時買える物を買っただけでどうしても欲しいとは思えないものだった。
やはり日本メーカーがいいなと思っていた。
サイズも24インチで里帰りするたびに実家の29インチのテレビを見ていたので
物足りなく感じていた。
夫にチラシを見せてこのテレビいいと思わないと話を持ち掛けた。
10年前の32インチだったら高額だったが129ポンドは手が出せる値段。
あいにく売り出しの日は3時まで仕事だったので仕事が終わってから行ってみたら
すでに売り切れていた。
運が良かったら買えるかななんて言っていたけれど
夫はもう手に入るモードに切り替わっていたようで諦めきれない。

結局オンラインでシャープの32インチのテレビを買った。
159ポンドと最初の予算よりは高くなってしまったが仕方がない。

24から32インチに変わりサウンドシステムもいい。
もう前のテレビには戻れないと言っている。
たまには自分たちへのご褒美。

フリンジ付きお花ネックレス

IMGP7565.jpg

日本から戻ってきていまいちビーズや物づくりに気が乗らず
しばらく遠ざかっていた。
長期の休暇もあったのに何もしないままだった。
これはずいぶん時間がかかってしまったが
久ぶりにちょっと手の込んだ作品になった。

IMGP7572.jpg

黒基調で花びらに濃淡をつけてみた。

賞味期限切れ

昨日最後の休憩時に自動販売機からポテトチップスを買って食べた。
普段は間食をしないのだけど昨日はお腹が空いていた。
私がこのスーパーで最初の部署がこの社員食堂だった。
自動販売機にスナックやチョコレートを準備するのも私たちの仕事だった。
ポテチを食べ終わってからそんなことを思い出した。
必ず賞味期限はチェックしたなと思いながら
今食べたポテチの賞味期限を見ると2018年の11月になっていた。
一瞬理解できなかったがもう一度見るとやはり2018年。
10か月近くも前に期限が切れている。
全部食べてしまった。

社員食堂はもう閉まっていて誰もいなかった。
仕方ないので空になったパッケージとメモを置いた。
期限切れであることと私の名前を書いて。

もう24時間経ってもお腹が痛くなったりしないので
10か月くらい日が経っていても大丈夫なのだなと
変なことに感心してしまった。

ナスのかば焼き

IMG_20190802_183723530.jpg

偶然見つけたなすびで作るかば焼き。
とても食べたくなって挑戦してみた。
米ナスしか手に入らなかった。
皮をむいて半分に切りアルミに包んだナスをレンジがないので
オーブンで蒸し焼きにした。
20分で柔らかくなったので箸を使って開く。
焦げ目がつく程度に焼いて
酒1、みりん1、酒1、砂糖の代わりにハチミツ1/2のたれで煮詰めた。
炊き立てのご飯の上に乗せた。
ウナギとはいかないが美味しかった。
山椒があったらもっとおいしいだろうな。
色はいまいちだけど味は良かった。
気に入ったのでまた作ってみよう。

夫は別メニュー。

IMG_20190802_183730380.jpg

揚げない鶏のザンギ(唐揚げ)とサラダ。

真夏日

先週はこの夏一番の暑い日があった。
夫は釣りに行くには暑すぎると言うので
前回行ったら途中で雨に降られた小さなヴィレッジに行ってきた。
最初に目に入ったギャラリーは夫の苗字と一緒だった。
珍しい苗字なので親戚かもしれないねと話していた。

あまりの暑さに日陰を探しながら歩いた。
パブのハンギングバスケットはどれも綺麗。

IMG_20190723_124100229.jpg

前回行ったカフェは満席だったので
今回は違うカフェへ。

IMG_20190723_130317089.jpg

ランチは美味しいオムレツだったがボリュームがあって
夕食になってもそれほどお腹がすかないほどだった。
滅多にない真夏日を楽しんだ一日だった。

翌日は10度も気温が下がって短い夏は終わったかもしれない。

猫違い

夫が裏庭でお隣のエミーと塀越しに話をしていた。
私は電話中だったので途中から話の輪に入った。
エミーの4匹の猫は首輪なしで放し飼い。
交通量が少ないのでその心配がないからだろう。
猫たちは出入り自由で我が家にも毎日やって来る。
夫とエミーが話している間にブリスが何処からか帰ってきた。
エミーがお帰りと声をかけると寄ってきたブリスに首には
ベージュ色の新品の首輪が付いていたそうだ。
電話が終わり会話に加わった私にそのことを教えてくれた。
不可解な顔をするエミー。
そういえば4,5日前に近くのコンビニへ行ったとき
黒猫のおたずねポスターを見たのだ。
ブリスに似ていたので一瞬エミーの猫かと思ったが
名前や住所が違ったのでブリスではないことがわかった。
その話をエミーにすると間違えられたのかもしれないという話になった。
ブリスにはマイクロチップ登録がされているので
エミーの飼い猫だと証明できる。

ブリスは人懐っこいから可愛がられたのかな。
今日もブリスの帰りを待っている人がいたらちょっと可哀想な気もする。

憩いの場?

お隣の猫4匹にRIOと5匹の猫たちが入れ替わり立ち替わりでやって来る。
お隣の猫は家の中ではどうな様子かわからないが
お母さんのピップは自分の子供たちにはいつもうなり声をあげて
手こそ上げないが近寄らない。
子供の猫たちもいつも距離を置いていてくっついていることをは見たことがない。
裏を覗くといつも誰かが来ている。

昨日は一番小さいポプシーが来ていた。

IMG_20190717_145654845.jpg

鉢植えの端でしばらく昼寝をしていた。

IMG_20190717_145335168.jpg

サングリア

IMG_20190715_182933171.jpg

昨日は気温が上がったのでサングリア。
紙パックで売っていたものに氷とレモンを加えたら
すっきりと美味しくなった。

履物の文化

夫は靴紐をいつもほどいて靴を脱ぎ毎回律義に紐を絞めなおす。
私は脱ぎ履きしやすいようにしておいて紐がほどけない限りそのままだ。
それは今始まったことでなくスニーカーを履くようになってからずっとだった。
母にそう教えられたのかみんながやっていたからそうなのか?

毎回靴紐を絞めなおす夫にそれを提案したがあっさり却下された。

最近思いついたのが履物文化の違い。
草履などほとんど履かない生活になってしまったが
私の日本人のDNAが靴を履く生活になっても
草履に足を滑らせて履くように靴を履くのかもしれない。

いつも靴紐を結んでいる夫を見てそんなことを思った。