fc2ブログ

続イギリスで始めたこと

2001年からイギリスに住んでいます。 人生何があるかわかりません。思いもしなかった異国暮らし。 日々の生活の中で思うこと、発見したこと、出来事などを書いています。

12箱

今のスタイルの花屋がオープンしてから14か月。
花の配達システムにかなり問題があって
いまだに解決されていない。
日本だったらありないと思う。

先週木曜日と土曜日の配達が無かった。
花がないとフローリストはやることがない。
ひたすら掃除や他の部署の手伝い。

今朝仕事に行くと12箱の花材が配達されていた。

IMG_20220116_070026184.jpg

本来は毎日4箱の花材が届けられそれを2人にフローリストでブーケにしていく。
6人分の花材だ。
日曜日と月曜日はフローリストが一人勤務。
それもこの私。

IMG_20220116_100920593_HDR.jpg

花、花、花。

場所が無くて陳列することもできない花がワークテーブルの後ろにも。

IMG_20220116_100933933_HDR.jpg

もちろん私の勤務時間内に終わることはなく
これは明日に引き継ぐ。
そして多分明日はまた少なくても4箱が届けられる予定。

なぜこんなにダラダラと配達の問題が解決されないのか理解に苦しむ。
イギリスだから?

スポンサーサイト



レズリー

夫が時々昔話をしてくれる。
先日の話は夫が16歳で働き始めた職場の同僚の話だ。
まだ若い頃で面白い人がたくさんいたらしい。
今回はレズリー。
夫はレズリーに誘われて彼の家に行った。
面白い物を見せてやると言われた。
それはテレビでレスリングを見ているレズリーのお父さんのことだった。
お父さんは試合を見ているうちにどんどん興奮してきて
椅子から立ち上がり身構え始めた。
そのうち応援するレスラーと一緒に戦っている気持ちになって
手や足が出始めた。
終いにはテレビに突進していってテレビを壊してしまった。
するとキッチンからお母さんが飛び出してきて
「これで何台目のテレビを壊したと思ってるの?
今年に入って10台目だよ。
今すぐ中古屋さんに行ってテレビを買ってきなさい。」
叱られたお父さんは「済まない。つい興奮して」と謝る。
夫と息子のレズリーは腹を抱えて笑ったそうだ。

息子のレズリーも父には負けていなかった。
ある日夫が仕事をしているとどこからかひずめの音がしてくる。
一緒に働いていた他の同僚と不思議に思って外に出てみると
レズリーが馬を連れてやってきた。
どうしたんだ、その馬はと訊くと買った言うレズリー。
何で馬なんか買ったんだよと訊くと
馬だよ、100ポンドだったんだ。
牧場なんて持ってもいないのに何で馬なんだよと言っても
馬だよ、たったの100ポンドだよとレズリーは言っていた。

翌日レズリーが仕事にやってきたので
夫があの馬はどうなったんだと訊くと
その話はしたくないとレズリーが答えた。
なかなか馬のことを話そうとしなかったが
夫が更に問いただすと
裏庭に置いておいたら朝起きたらいなくなっていたんだ。

レズリーは普通の民家の裏庭に綱も着けず馬を放した。
その裏には柵も何もない。
元の飼い主の所に戻ったのか放浪の旅に出たのかわからない。

夫が笑いながらこの話をし、私も笑いながら聞いた。
最後に夫が80年代、90年代は今よりも面白いことが沢山あったと言った。
夫の話はまるでコントだった。
 

ホテルアリススプリングス

水曜日に電気屋さんが来た。
分電盤を新しいのに替えるのとファイヤーアラームも新しくしてくれた。
確か去年か一昨年にも来た電気屋さんで30代の若いお兄さんだった。
夫はおしゃべりなのでこのお兄さんに始終話しかける。
私は配電盤の電線を繋いでいくのは集中しないとできないだろうから
しゃべりを止めない夫を見てお兄さんが気の毒になった。
でも気のいいお兄さんは夫の相手をしながら仕事を続けていた。
何の話からか旅行の話になった。
彼の両親が旅行が好きで18歳になるまではよく家族で旅行に行ったそうで
ギリシャの島々を訪ねたと言った。
私たちもギリシャの島が好きでクレタ島、コス島、ザンテ島に行った話をした。
そこでお兄さんがコス島に両親が好きで何度もリピートしている小さなホテルがあると言った。
彼も18歳の時に一度行ってとっても居心地が良かったと。
夫がもしかしてそのホテルはアリススプリングス?と訊くと
そう、それとお兄さんがびっくりしていた

ホテルアリススプリングスはこじんまりとした小さな家族経営のホテルだが
また行きたいと思わせる素敵なホテルだった。

私たちが行ったときはジョージと奥さんのバーバラが主になってホテルを切り盛りしていた。
次男のイリアスが両親を手伝っていた。
お兄さんの両親はその後何度もアリススプリングスを訪ね
数年前に仲良くなった息子のイリアスがイギリスを訪ねて
両親の家に滞在し、お兄さんとも仲良くなったそうだ。
ジョージは今はサポートに回りイリアスがメインでホテルを運営しているそうだ。
相変わらずリピート客が多い。
評判がいいので大手旅行会社がツアーの提携ホテルにしたいと申し出たが
リピート客が多いので全部の部屋は提携せず限られた数と条件を付けて提携したらしい。

とても印象が良くて思い出深いホテルだったので
その話を聞けて私も夫も嬉しかった。
世間は狭いものだ。

また機会があったら是非訪れてみたいホテル。

オートミールで中華粥

IMG_20220113_103819775.jpg

夫がダイエットを始めた時朝食をオートミールにした。
最初は特に味の付いていないオリジナルをミルクで2分ほど煮て
それに甘味料を振りかけて甘いオートミール。
夫は私も食べないかと勧めるが甘い朝食は苦手だ。
夫は次第に味が付いているオートミールに変えていき
今好きで食べているのがゴールデンシロップ味の物だ。

日本ではオートミールを使ってお粥を作っているのも見て
興味をそそられていた。
先週朝食に食べる食パンをきらしてしまった。
買い物に行くのも面倒くさく食料棚を見ると夫が食べていない
味の付いていないオートミールがあった。
チキンパウダーと少量のお醤油で中華スープを作って
オートミールを煮て最後にスプリングオニオンと卵を入れた。
これが予想以上に美味しくて腹持ちも良かった。
こんなに美味しいならもっと早く挑戦すればよかった。
今年の私のお気に入り。

二度あることは

昨日は夫の母の誕生日だったのでお墓参りに行ってきた。
新しい年が来て10日ほどだが墓地はお参りに来た人で結構来ていた。
駐車場も込み合っていた。

墓地へ行く前に薬局に寄った。
夫の薬を取りに行ったのだ。
ロックダウン前はクリニックに処方箋を出してもらって
それを持って薬局に行って薬をもらっていたが
ロックダウンになってからクリニックに処方箋を頼むと
クリニックから直接薬局に処方箋が送られる。
2日後以降に薬局に薬を取りに行く。

薬局は店内に入れる人数に規制があるので
私は隣接するクリニックの駐車場で夫を待っていた。
夫が車に戻ってくるとクリニックに処方箋を頼むのに必要な
薬のリストが1枚しかない。
いつもは2枚なのだ。
チェックしてみるといつももらっている薬のリストが無いので
夫はまた薬局に戻った。
夫はドライアイなので目薬を処方箋と別に買う。
使い終わった目薬の空き箱を薬剤師さんに見せて新しいのを買うのだ。
目薬は買えたのかと確認する前に夫は薬局に戻ったので
薬が入っている袋を調べると目薬の空き箱が入っていた。
夫はお釣りをくれたので目薬は買ったはずだ。
ちゃんと2枚の薬のリストをもらって夫が戻ってきたので
目薬は買ったの?と訊くと袋に入っていると言う。
空箱しか入ってないよと言うと信じられないと表情を浮かべて
夫はまた薬局に戻った。

ようやく戻ってきた夫が言うには
薬剤師さんは夫が見せた空き箱を見て夫が棚から
中身の入った目薬を持ってきたと勘違いしたそうだ。

2回目に夫が戻ったときは薬剤師さんもさすがに悪いと思ったようだ。
二度あることは三度ある。
3回目が無かったので良かった。

新年2022

明けましておめでとうございます。

イギリスは観測史上一番暖かい元旦で15度だった。
故郷の北海道は荒れたお正月を迎えていたので
夫に積雪が凄いと言うと自分が北海道に初めて行った時も雪が凄かったと語りだした。

夫は暮れから正月明けまで日本に来ていたのだ。
今から20年以上も前のこと。
吹雪の中を運転する私の隣にいて真っ白で何も見えなかったが
私が前を走る車のテールランプを目印に走るのだと言ったそうだ。

どこかアイスバーンで半スピンして夫はかなり恐ろしかったが
運転していた私はたいして驚いた風でもなく運転を続けてたらしい。

私の実家で玄関とか部屋にみかんを飾っていたよねと言うので
その下に白いお餅はあった?と鏡餅の写真を見せると
そうだこれだと夫。

20年経っても覚えていることって結構面白い。

猫に囲まれて

雨が降ってもほぼ毎日のように近所の猫たちがやって来る。

IMG_20211229_104135025_HDR.jpg

ちょっとしたおやつを進呈。

IMG_20211229_104142266_HDR.jpg

小さな黒猫ピップはティガーのお母さん。
最近ピップはいつも娘のティガーにドアをノックさせて一緒にやってくる。

夫によると今日はいつものようにノックする音が聞こえたのでドアを開けたら
まずティガーが入ってきて外には母のピップ。
その他にリオ君のお友達と白猫が外にいたそうで
ピップは他に猫がいると機嫌が悪くなる。
夫はピップをなだめようとしたがダメで結局夫がパニックになり
猫全員を追い出したそうだ。

長いコロナとの付き合いでご近所の猫たちは私たちの癒しになった。
来年も変わらず遊びに来てくれるといいな。

日本はもう大晦日。
私は大晦日も仕事。
明日は年越しそばだけでも作って大晦日気分を味わうつもり。

今年もお世話になりました。
来年こそは素敵な一年でありますように。

クリスマス2021

今年も静かなクリスマス。
久し振りに作ったローストチキンはやっぱり美味しかった。
パリパリに焼けた皮は私が頂く。
むね肉は全て夫のお腹に。

IMG_20211225_161348918.jpg

クリスマスから新年に向けての自宅用のアレンジメントを作ったのは今日。

IMG_20211225_130829172.jpg

生け花をたしなんでいた母は毎年大晦日に花を生けた。
大輪の菊、松の枝、千両の実など。
涼しい玄関に飾るとずいぶん長いこと咲いていた。

クリスマスイブ2021

ようやくクリスマスイブ。
今日はデイブと2人で仕事。
昼頃には花も少なくなり目途が付いてきたら
2人とも電池が切れたような感じで疲れが出てきた。

IMG_20211224_101634195.jpg

IMG_20211224_110437694.jpg

IMG_20211224_112356001_HDR.jpg

3時には花は全部売れ切れた。
故郷蘭の切り花が残っただけ。

IMG_20211224_160131235.jpg

IMG_20211224_160201020.jpg

とにかく疲れた。
夕食を食べているときに眠気が襲ってきた。

昨日フローリストが3人揃ったので
マネージャーが取った記念写真。

BB3CDE4C-1AA3-43AA-99CC-1B3AE4FC5298.jpeg

お疲れさまでした。

クリスマスアレンジメント2021-4

とにかく忙しい花屋。
花束やアレンジメントが作った途端に売れていく。
今日はドーンとデイブと私の3人体制。
デイブは朝5時からスタートで一日中ナチュラルハイ状態。

IMG_20211220_133917758.jpg

IMG_20211220_120853922_HDR.jpg

IMG_20211222_110144180.jpg

IMG_20211222_133647084_HDR.jpg

IMG_20211223_111047799_HDR.jpg

明日もう一日頑張ろう。
クリスマスとボクシングデーはお休み。
明日はデイブと私の2人。